女子だけど身長を伸ばしたい!

女の子は身長が低くても可愛いからいい!?

よっしーの子どもは2人とも男の子です。周囲で男の子を持つママたちはどうしても子どもの身長が気になるみたいで、「どうしたら身長が伸びるかしらね~」などと話題に上ることもしばしば。

でも、女の子のママの中にはあまり気にしていない人も多いみたいです。中には、とても小柄な女の子もいたりするんですが、ママは「いいのいいの、女の子だから小さくても♪」と全く気にならない様子。

その女の子本人もそれでいいと思っているのなら別にいいんですけど、必ずしも女の子=小さくてもいいという時代ではなくなっているのではないでしょうか。

もしその子が将来モデルになりたいと思っても、身長が160cmは無いとちょっと厳しいと思いますし、部活によっては身長があったほうがいい場合もあるでしょう。

何より問題なのは、女の子は男の子よりも成長期が早くやってきて早く終わってしまうので、男の子の場合以上に早い時期から対策しないと手遅れになってしまうということです。

にゃご
女の子は男の子ほど身長を気にしないかもしれないな、小学生だと。

よっしー
そうでしょう?よっしーも子供の頃、あまり気にしたことはなかったわね。

女の子の成長期の身長の伸び方は?

標準的な女の子の場合、小学校4年生ぐらいになると身長がよく伸びるようになります。それまで年間に5~6cmの伸びだったのが8cmほど伸びるようになり、それが2年間ほど続きます。

その後3年ほどかけて身長の伸びは徐々にゆっくりになっていき、5年間で約22cmぐらい身長が伸びて成長が止まります。



高校生ぐらいになると、女の子の身長はもうあまり伸びないのが標準的だと思ってください。よっしーは高校に入学した後は3cm伸びましたが、これでもよく伸びたほうなのかもしれません。

これは標準的な成長期を迎えた女の子の場合なので、他の子たちよりも成長期が早く来た女の子の場合は中学生のうちにほぼ身長の伸びは止まってしまうでしょう。

思春期早発症ではないかと心配…?

他の同い年の子どもたちと比較してかなり早く思春期が来てしまい、まだ背が低いうちに成長期が始まってしまうと最終的な身長が低くなる恐れがあります。

思春期が早く来すぎるのは「思春期早発症」の疑いがあります。女の子の思春期早発症は男の子よりも多く、何か原因となる病気があるわけではなく体質で成長期が早く来てしまう場合が多いとか。

治療方法は、原因となる病気が見つかった場合はそちらを治す治療を行い、原因が見つからない場合は成長期の進行を止める注射を行うことになるようです。

場合により、成長期の進み方がゆっくりなので特に治療しないで様子を見るだけでいいケースもあるそうですよ。

成長期の進行を止める治療を行っても、そのことが将来の妊娠・出産に影響することはないと考えられています。あまりにもわが子の成長が速すぎると感じたら、早めに小児科で相談したほうが良いかもしれませんね。

成長期はまだ来ておらず小柄な場合は?

成長期が早く来たわけではなく、もともと小柄だったあり、ある時期から急に身長の伸びが悪くなる場合もあります。

身長の伸びが悪いと言うのは、たとえばもともと身長は他の子どもよりも高めだったのに今年は1年前と比べて3cmしか伸びていないといった場合です。

いま現在の身長が何センチかということも大事ですが、一定のペースで成長しているかどうか?も大事だということですね。

女の子の場合、あまり子どもの身長のことを気にしないママもいらっしゃいますが、先ほど書いた通り女の子は成長期が男の子よりも早く終わってしまうので、後でしまった…と後悔しないようにしなければいけません。

身長の伸びが良くない場合、原因が分かれば治療で順調に身長が伸び始めることも多いそうです。ただ、どんな治療であれ、時期を逃すともう効果は得られなくなってしまいます。

にゃご
女の子は成長が速いから、治療が手遅れにならないようにしないといけないんだな!

よっしー
そういうことになるわね。もちろん男の子の場合も、何かおかしいと思ったら病院へ行くのは早いほうがいいに決まっているわ。

スポンサーリンク