豚肉をフル活用!豚小間・豚バラ・豚ひき肉の安上がりレシピ

安くて栄養豊富な豚肉をフル活用しよう!

成長期の子供たちには、骨のメインの材料となりアルギニンも含むタンパク質が豊富な食品をしっかりと食べさせてあげることが大事です。

でも、いくら美味しくて栄養があるからといってステーキばかリ食べさせるとお財布がスッカラカンになりますし、安いからと言って卵や豆腐ばかり食べさせるわけにもいきません。

特に発酵させていない大豆製品の過剰摂取は大豆イソフラボンの摂りすぎになりますし、適量にとどめたいところですね。

 

 

また魚も積極的に食べさせたいですが、魚があまり好きではないお子さんもきっと多いでしょう。鶏肉もそればかりでは飽きちゃいます。

そこで今回は、子供たちに人気で牛肉よりも安価な豚肉(豚小間・豚バラ・豚ひき肉)を使った安くて簡単にできるレシピをいくつか紹介します♪

よっしー宅でよく作っているものばかりです。豚肉は甘い物や白米を大量に食べる子、スポーツをしている子が多く消耗するビタミンB1が豊富に含まれているのでおすすめです!

 

にゃご
豚肉は美味しいよな。ハムやソーセージも豚肉なんだろう?

よっしー
そうよ♪できれば加工肉ばかりにならないように工夫して作ってあげたいわね。

 

めちゃくちゃ簡単!豚肉と玉ねぎ煮

 

 

よっしー宅でほぼ毎日作っているのが「豚肉と玉ねぎ煮」です。まず玉ねぎを薄切りにします。玉ねぎは薄切りやみじん切りにした状態で保存袋に入れて冷凍できるので、安い時にまとめ買いしてもいいですね。

薄切りの玉ねぎと豚肉(細切れや豚バラなどが最適)を適当に鍋に入れ、具材が半分つかるぐらいの分量の水を入れ、中火で加熱します。

ぐつぐつ煮詰まってきたら塩(よっしー宅では美味しくてミネラルが豊富な沖縄の海塩ぬちまーすを使用)を入れ、さらに煮詰まったところでしょうゆ適量を加えます。

 



 

汁けが飛んだら黒コショウを振って出来上がりです。砂糖はあまり良くないので入れなくていいと思いますが、少量入れたい方はお好みでどうぞ。

しょうがの薄切りを一緒に煮込んでも美味しいです。また赤ワインなどを少量加えて煮込んでもいい風味になりますね。その時の気分でいろいろ変えています。

もともと「自宅で牛丼を再現できないかな?」と思ってたまたまその時に豚肉しかなかったので代わりに豚肉でやってみたら思いのほか美味しくて家族に好評だったのです。

 

みんな大好き!ワイルド☆ロック風ハンバーガー

以前よっしーのブログ「もう失敗しない!正しい糖質制限ダイエット」でも紹介したことがあるレシピです。

ファーストキッチン・ウェンディーズの肉をたっぷり使用した美味しい「ワイルド☆ロック」というハンバーガーに似たものを自宅で作れないかな~と思ってチャレンジしてみました。

子供たちはハンバーガーが好きですが、これはパンの代わりに肉を使っているのでかなり満足感があります。お父さんにもおすすめです♪

 

 

ひき肉と塩コショウをよくこねて8等分して成形し、ラードを溶かしたフライパンで中火で両面を良い焼き色に焼きます。皿に1枚ずつ載せ、上にチェダーチーズを載せます。

ピクルス4本のうち2本を包丁で刻み、マヨネーズと塩コショウと混ぜてハンバーグの上に半量塗ります。フライパンで両面焼いた目玉焼きを作り載せ、ベーコンをカリカリに炒めて載せます。

リーフレタス、薄くスライスしたトマトを順に載せ、マヨネーズと塩コショウとピクルスソースの残りを載せます。

残りのピクルス2本を4枚ずつスライスし、2枚ずつ載せ、いちばん上にハンバーグをもう1枚ずつ載せて完成でーす!

 

 

なお応用で、スライスしたトマトを使うとモスのとま実バーガー風になります。食べる時にポタポタ汁が落ちてくるので、小さい皿で受けながら食べるようにしてくださいね。

 

パン粉の代わりにかつおぶしでアルギニンたっぷりトンカツ!

小麦粉や糖質が気になるお子さんにもおすすめなのが、薄力粉の代わりに大豆粉&パン粉の代わりにかつおぶしを使用したグルテンフリー&糖質オフなトンカツです♪

「えっ、パン粉の代わりにかつおぶし??」と思われるかもしれませんが、これが意外にフツーにイケましたよ!!トンカツ用のお肉が安かった日にいかがですか?

かつおぶしには身長UPに役立つと言われるアミノ酸「アルギニン」が豊富に含まれていますので、成長期のお子さんにぴったりです。

 

 

ちなみに、使用した油はラードです。植物油の中には、健康上あまり摂りすぎないほうが良い種類もありますので気をつけましょう。

ラードは豚からとれた油で、余計なモノが入っていないのでおすすめです。このトンカツは血糖値が気になるお父さんにも安心して食べてもらえます(できれば糖質制限を心がけてくださいね♪)。

 

ジャガイモの代わりにおからを使ったコロッケ♪

ジャガイモの代わりに生おからに少量の牛乳を含ませたものを使ってコロッケを作ると、糖質ひかえめでタンパク質多めのヘルシーなコロッケになります。

よっしー宅では健康のために糖質制限をしていますので、下の画像のコロッケは衣もパン粉ではなく粉砕した高野豆腐を使用しています♪

作り方は一般的なコロッケと同じで、みじん切りの玉ねぎとひき肉を炒めて最後におからを加えてさっと炒め、冷めたら小判型に成形して溶き卵と衣をつけて揚げます。

 

 

おからを使用したコロッケは普通のコロッケよりもやや崩れやすいので、そこだけ気を付けてくださいね。

11ぴきのねこたちも大喜びしたあの山のようなコロッケを、ぜひお子さんと一緒にどうぞ♪普通のコロッケは肉チョッピリでじゃがいもが多いので、その上ご飯を食べると糖質に偏った食事になりがちです。

ひき肉を多めにしてじゃがいもの代わりにおからを使うだけでも、理想の食事に近くなるのでぜひチャレンジしてみてください♪安くて美味しい豚肉を、ぜひ成長期の子供たちの食事に積極的に取り入れましょう。

 

にゃご
子供たちの気に入る豚肉料理が見つかるといいな!

よっしー
また何かいいものを作ったらどんどん追加していくわよ♪